FC2ブログ
暑い夏

夏本番 太陽 

外仕事には辛いですが、それでも色々発見があります

それも楽しみのひとつ



今回は昆虫の


まずはこれ↓

201408 カメムシ  卵12 

白いかたまり

よ~く見ると、なんか家の形してる(笑)


近くに寄ってみると

201408 カメムシ  卵13 

やはり昆虫の

でもこれは既に生まれた後みたいですね~


なんの虫のかは後で発表



そしてこれも同じ虫

201408 カメムシ  卵21 

こちらは梅の葉の裏

そこ点々と産み付けてあります


その色はまさに

201408 カメムシ  卵22 

赤銅色!

なんか高級感があります



さてこの2つの卵なんでしょう?

ヒント:臭いのキツイ虫


答え↓

2011 2 カメムシ10 

そうです、多分カメムシの卵みたい

ただカメムシも沢山の種類があるので、どれかまでは断定できず


そして多分これもカメムシ↓

201408 カメムシ  脱皮1 

一斉に脱皮した跡みたい

いやこれはちょっと凄かった・・・


こんな感じで↓

201408 カメムシ 脱皮2i  

枝一面に張り付いてました・・・



ちなみにカメムシ、刺激しなければあの匂い出しません

なので部屋に入った時は、慌てず騒がずソーッと対処


まず広口のビンを用意して↓

201408 カメムシ捕獲 広口瓶  

壁などにつているカメムシにこれを被せます

そして横にソーッと動かせば、ぽろっと落ちてきます

あとは蓋をして、サッと外に逃がせばOK


お試しあれ!




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ

スポンサーサイト



今日庭にでると、なにやらブンブンと音がします

その音は庭の灯篭あたりからします

201304 ミツバチ 分蜂1

なんか灯篭の傘の下に黒い塊あります


よ~く見ると、ミツバチの大群!

201304 ミツバチ 分蜂2 

その周囲にもブンブン羽音と立ててミツバチが飛んでます

ちょっとビビッて、ダッシュで逃走(笑)

そしてすぐさまPCで検索


するとこれはミツバチ分蜂らしいという事が発覚

201304 ミツバチ 分蜂3

いたずらしなければ害はないみたい

そして放っておけば、そのうち移動するとの事

それにしても凄い数です


動画も撮ってみました



蜂の分蜂って初めて見ましたが、凄いですね~


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
ブログ村に参加してます
最近、お仕事で木の移植をしています

気の移植とは、こんな風にぐるっと掘って↓
20124 植木掘り取り 2 

木を他の場所に動かす事

写真だけで見ると気の大きさわかりませんが

モノによっては↓ 
20124 移植 子供比較

子供二人が余裕で遊べるほどの大きさのものもあります(笑)


そんな木の移植

大きいだけではなくて、こんな小さなモノも見つけたりします
20124 セミ 幼虫 5

セミの幼虫!

普通は抜け殻でしかお目にかかれません

セミの幼虫は木の根から養分を吸って成長しています

なので植木の移植などをしていると良くみかけるんです


近くで撮ってみました↓
20124 セミ 幼虫 拡大 5

目は真っ白ですが、顔はやはりセミ

この後、すぐに地中に戻してあげました

この大きさだと、今年の夏には成虫になるのでしょう


セミは幼虫で7年、そして成虫で7日

そう考えるとセミ、成虫になるのも大変ですね~


↓ブログ村に参加してます
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ

先日のこと

赤松の手入れをしていると、こんな物がいました
2011 12 ウバタマムシ アカマツで 9 
ウバタマムシ

アカマツの葉っぱの間に出現



タマムシといえば、よく見かけるのは↓
2011 12 ヤマトタマムシ 8  
ヤマトタマムシ

こちらのほうがピカピカしていて綺麗ですが・・・


でもレアさではウバタマムシが断然上!
2011 12 ウバタマムシ 拡大1 3
神奈川県と埼玉県では準絶滅危惧種に指定されているそうです

でも私の場合は、
大きなアカマツを手入れしていると結構見つけますね~



ちなみにこのウバタマムシ、漢字で書くと「姥玉虫」

老婆の玉虫という意味かな?

この色のせいで、ヤマトタマムシのメスと思っている方もいるみたいですね~


このウバタマムシ、派手さはありませんが
2011 12 ウバタマムシ 拡大 眼 4 
この落ち着いた色合いが、渋めでいい感じです

さらにこのクリクリした眼が可愛いですね~♪



ウバタマムシ、成虫はアカマツの枯れ葉を食べるみたい

幼虫は松の倒木を食べて育つらしいです


たまにログハウスの柱から出てきて、ビックリさせる事もあるみたい(笑)

でもそこで繁殖することは無いそうです


中々レアなウバタマムシ、そんな虫に普通に出会えるのは幸せなんでしょうね~



↓ブログ村に参加してます

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ

仕事で、今日は草むらにトラックを乗り入れ。

すると色々な虫が驚いて飛び回ります。


そんな中、車のガラスにピッタリと張り付いたこれ↓
2011 7 スケルバハゴロモ 9 
スケバハゴロモ

セミに似ていますが、体長1cm弱くらいの小さな昆虫。

ウンカやヨコバイの仲間で、キイチゴ、ブドウ、クズなどの汁を吸います。


これ漢字で書くと「透羽羽衣」。
 
綺麗な名前貰ってますよね~

2011 7 スケバハゴロモ 拡大91
顔はやはりセミに似ていますね~(笑)


ところでこの幼虫がまた変。
2011 7 スケバハゴロモ 幼虫  
白いのが幼虫ですが、尾っぽのようなもを付けてます。

この尾っぽ、ロウ状の糸みたいなもので、これを広げつつ移動します。

実際に触ると、この白っぽいのは手や服に付着します。


これがちゃんと成虫になるんだか、昆虫って不思議ですね~



↓ブログ村に参加してます
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ